toggle
2016-11-16

秋の棒ノ折山に登る@Okumusashi

おそらく今年最後になるのではないか?の登山。
この日は秋晴れの日曜日。埼玉〜奥武蔵、秩父にある棒ノ折山へ。

この山、標高は1000M以下、沢づたいを登山するので、起伏の変化やダムや滝なんかも見られてとっても気持ちがいい山。ボクが今まで登った山の中では一番好きな山だ。さらに登山口付近にはさわらびの湯という温泉もある。今回は2回めの登頂。おなじみの飯能駅からスタート。

秋の登山もみじ

国際興業バス2番のりばから。

バスはさわらびの湯までコトコトと40~50分。結構乗る。

 

 

さわらびの湯に到着。もう紅葉が真っ盛り。

 

 

登山口付近のダム。朝早いのであまり人は居ないが、夕方はヤンキーの族の方々がひしめき合う不思議なダム。

 

 

 

 

岩場や沢、滝の中をグイグイと進む。

棒ノ折山の最大の魅力のひとつ。それにしても気持ちがいい。

 

沢を登るので、滑りやすい。なので登山グループの渋滞もちらほら。

ま、安全第一です。

 

 

岩場や沢が終わるとおよそ半分まで来た証拠。

ここからかなりしんどくなる

 

 

山頂手前のひと休憩から撮影。

雲一つない晴天がなんともうれしい気分。

 

 

 

山頂。やっぱり山はいいなと感じる瞬間。

棒ノ折山は通称棒ノ嶺とも呼ばれている。

棒ノ折山の山頂はとっても広くて人が多かったが普通にのんびりできる。んーー。ホントいい山。

 

もちろん下山も同じ道をとおる。

他のルートもあるのだが、棒ノ折の場合は、やはり沢下山も魅力のひとつ。同じ道でもまったく飽きのこないルートなのだ。

 

 

 

 

夕方に無事に下山。このあとはお風呂に入って今年の登山納め…になるのかな。

 

 

桜もなぜか咲いているという摩訶不思議な棒ノ折山の麓。

年に一度は行きたい、棒ノ折山の2017年秋でした。

※ちなみに帰りの車中、人身事故で小平付近で足止めを食らう笑
イライラしながらいつ動くかわからん電車で待つよりも、駅前の飲み屋でビールを飲んで電車を待つという
おじさんならではの待ち方。。。ボクも結構丸くなったと感じる瞬間でした(笑)

more >  山と温泉と二日酔いと。
more >  夏の養老渓谷

topページへ >

関連記事