toggle
2018-05-05

NORAの会の田植え

まさに五月晴れ。
ここは地元習志野市の京成実籾駅より徒歩10分程度のところ。里山のような地形に、習志野市唯一の田んぼがある。ほたる野というところだ。
NORAの会
この会がこの大切な田んぼの管理運営をしている。田んぼの保全や地域イベントを通じて、食べ物の大切さやお米の知識などを伝えている。
このNORAの会に参画されている宮入さんという方と知り合いになり、田んぼの話をきいた。

きっかけはこんな感じ。
宮入さん〜。ボク田んぼの写真が撮りたいです〜

言葉は伝えるためにある。言ってみるもんだな−。

宮入さんは快く、「ぜひ!」と。
そして、5/5日のこどもの日に、鯉のぼりを泳がしながら田植えをやるから楽しいよ!と。

はい!
そして早速その日にお邪魔してしまった。

とにかく天気もよく、爽やかな日。こいのぼりも気持ちよさそうに泳いでいる〜

わいわい賑やか。
子どもたちもとっても生き生きと。楽しそう


泥だらけになることなんてこの時代、めったにないよね。
グニョグニョの田んぼの中に入って、ワイワイいいながらせっせと田植えを。

撮影しているだけではもったいない!
はい、ボクも田んぼの中に!

泥だらけに腹の底から楽しんでしまった。
出るのは爽やかな日に少し汗ばむ汗と笑顔。

こんな日にご招待いただいた宮入さん、そしてこういうイベントで一番ご苦労されているスタッフのみなさん。
これからこの田んぼの管理をされてかなければならいNORAの会と近隣の農家の皆さん。

そんな方々に、心から感謝とともに、ボクもこの大切な田んぼを守るために、
このブログを通じて一人でも多くの人に、NORAの会の活動や田んぼのこと、食の大切さと発信していきたい。

宮入さんありがとう!

more >  千葉県|ポスターデザイン制作|習志野市ビールフェスタ
more >  日本酒パークと言う名の酒イベント

いろはのデザインtop>

関連記事