toggle

いろはぷらす +03

東京都渋谷区にある自習室 スタディラウンジ
ラウンジマネージャー 加藤澄人さんの「ぷらすのチカラ」

img_9605

スタディラウンジ × いろはのデザイン


「勉強が楽しくなる場所」をコンセプトに、今までの殺伐とした無機質なイメージが強い「自習室」を、オシャレで気軽に、まるでカフェにいるようなリラックスした空間で、くつろぎながら集中できる新しいコンセプトが特徴の自習スペース、スタディラウンジ。ラウンジマネージャー加藤さんとの出会いは、私が在籍のある恵比寿のデザインプロダクションにカタログ作成依頼のお電話を頂いたことがきっかけ。新規のクライアント様として多少身構えてお伺いした際に、とてもフランクに接して頂いた事を今でも覚えている。
話を伺うと、加藤さんご自身もデザインやクリエイティブに大変興味をお持ちで、クリエイティブの価値を大変リスペクトされていらっしゃる方。初めてとは思えないほどたくさんのことをお話して頂き、それ以来、良きクライアント様でもあり、親しき友人の一人として、お付き合いさせて頂いている。



imgp0296

環境づくりへの想いから生まれるぷらすのチカラ


スタディラウンジのコンセプトに沿って、お客様にどういう環境を提供すればよいかという具体的な部分に関しては、私たちスタッフの判断で考えた部分がほとんどです。その中のひとつが、「勉強の合間の環境」つまり「間づくり」です。人の集中力って、それほど長くは続きませんよね。お客様が集中して勉強できる「室内の環境」を作ることはもちろんですが、ちょっと一呼吸おく、合間の時間にも心地よく過ごして頂き、次の集中の時間へつなげていく。そんな僅かな時間も大切に過ごして頂きたいと考えております。

たとえばスタディラウンジでは、UCCの拘りのコーヒーの無料提供も大きなサービスのひとつですが、私たちは、お客様にオリジナルで作ったコインをお渡して、お客様自身がコーヒーマシンにコインを入れて飲んで頂くというスタイルを取っています。本当ならばそんなことをわざわざしなくてもいいんです。でも、そんな合間に行う行為が私たちはお客様にとって大切なひとときであり、サービスであるとも感じています。

自習室の受付にコンシェルジュが常駐しているのも珍しいかもしれません。私たちの受付は、お客様が勉強の合間にちょっと会話がしたかったりする時のコミュニケーションの場でもあるんですよ。
小さなことなのかもしれませんが、それらのことは、私たちの「おもてなしの気持ち」として、お客様に届いていると感じております。
そして、私たちが大切にしている、空間の環境(ハード)と合間の環境(ソフト)を感じて頂き、お客様がスタディラウンジを「ぷらすのチカラ」に変えて頂ければうれしい限りです。

 

imgp0296

INDEX


スタディラウンジ渋谷店

http://studylounge.jp/

渋谷駅新南口から徒歩1分の会員制の自習室。「勉強が楽しくなる場所」をコンセプトに、今までにないカフェ感覚の空間が特徴。ヴィンテージ家具と観葉植物を多彩に使用したインテリアは、心地よいBGMとともに勉強や仕事に集中できると評判だ。また、UCC上島珈琲と提携しており、拘りのおいしいコーヒーが何杯でも飲むことが出来る。なお、ビジター利用も可能。会議室も併設されているので、仕事での思いがけない打ち合わせや学生同士のコミュニティ、サークル活動の打ち合わせの場としても利用できると好評を得ている。

(アクセス)
150-0002 渋谷区渋谷3-28-8 第三久我屋ビル8F

●JR渋谷駅新南口より徒歩1分
http://studylounge.jp/access

(お問い合わせTEL)
03-6450-5817 

(料金体系)
http://studylounge.jp/price

●会員(月額制:時間帯区分6種

●非会員(ビジター)

●会議室(別料金)
http://studylounge.jp/meeting-room

※無料体験予約も受け付けております
http://studylounge.jp/form

topページへ >