toggle
2016-05-06

亀山ダムの放水見学にいってみる

GWまっただ中。今年は好天&リア充に恵まれ、日帰りで温泉でもいってこようか。と思い立ったのがGW突入前。
有言実行しちゃうのが、自分でも結構エライよなーなんて思ってしまう。

向かった先は地元千葉県の亀山湖。
とはいえ、同県のくせに津田沼からでもゆうに2時間くらいかかる。
なぜ僕が亀山湖を選んだかというと、ちょうどこの日、湖にある亀山ダムの放水が一般公開されるからだ。
これ、実は年に2回しか一般公開されないかなりレアな見学。

メインディッシュは決まった。いざ出発

JR久留里線

 

上総亀山駅。これが亀山湖の最寄り駅なのだが、木更津から久留里線という単線に乗る。
このくるりちゃん、かなりの味。
首都圏JRの中では唯一?のディーゼル車両。
だから音がいい。ぐぉぉぉぉーーーーごごごごおごごごーーーー。おえ。
ま、ざっとこんな超シブな音が乗っているだけでノスタルジック感120%

 

 

 

 

亀山湖は複雑に入り組んだ湖。紅葉の季節がすごく有名なスポットだが、新緑の5月のほうが人もいなくてゆっくりできる。湖ではあちらこちらでバス釣りのボートが。
僕はほとんど釣りはしたことがないが、コーいうのをみるとつい好奇心に煽られやってみたくなる。

→このパターンではじめちゃったのがスキューバダイビング。金のかかる趣味だと知ったが後の祭り。

 

 

上総亀山駅から歩くこと約1時間半、普段水泳だジョグだとトレーニングしている僕でもかなりへばった。そんなところにある秘湯??なのか?千寿の湯。
お湯はたしかに良かった。が、とにかく遠い。そして秘湯?なのか?
温泉後には濃溝の滝というスポットへ。滝は小さいが、ここ、結構な隠れスポットらしい。

 

 

 

そしてやって来ました。亀山ダム。
GWということもあり、見学者はすごく多いらしい。家族連れが大半でガキがうるさかった。

さほど大きなダムではないが、ダムの内部の見学などもあり、結構ワクワクしてしまう。

 

 

 

そしていよいよ放流開始。年に2回しか見られない一般見学。
…だが写真ではほとんど迫力が伝わらない。。ホントはもっとすごかったのに。
うーーーん。ホントはもっとすごい。

 

 

 

千寿の湯から亀山ダムまでおよそ1時間。ここまで往復で2時間半以上歩きっぱなし。
そんなわけで、ダムの近くの立ち寄り湯「嵯峨和」へ。

ここ、ランチを注文するとお風呂がサービスでついてくる。
まるで食後のドリンクのように…。
お風呂は大きくはないが、ほぼ貸切状態で入浴。(だから写真も撮ってしまった)

しかしなぜ温泉ってこんなに幸せな気持ちになれるんだろうといつも思ってしまう。

 

オチのない記事になってしまったが、何が言いたいかというと今年のGWはホントにリア充だ。
さて、次はどこにいこう。

topページへ>

関連記事
Comment





Comment