toggle
2016-08-02

習志野のソーセージ

習志野きらっと祭り2016

梅雨も開け、ようやく夏本番といったところ。今年も暑い。夏がやってきたという感じだ。
ボクの地元、習志野市では、毎年7月末にはお祭りがある。キラっと祭りという祭りで、まあまあ規模も大きい。大きな花火大会のような派手な演出はないが、それなりに屋台や出店、神輿や盆踊り、ダンスステージなどがあって、毎年お祭り気分を味わうために(せっかくの夏ですからね)ビールとやきとり、焼きそばを食べにこの祭りに行く。

さて、そんなお祭り、最近習志野市でイチオシのソウルフードがある。

「習志野ソーセージ」。なんじゃこりゃ。

これ、習志野で最近イベントやお祭りで登場する地元の名物??になるのかな??
なんでもこの日本で作られたソーセージの製法の基礎が作られたのがこの習志野市と言われている。

つまり、日本のソーセージの発祥の地。というわけなのである。

ホントかどうかはわからないが、とにかくこの習志野市、ぶっちゃけあまり特産物や名産品がない。
なので、こういう名産物がでてくることはとってもいいこと。

ボクはいつもふるさと納税をやっているのだが、習志野市にはしていない笑

でもこういう特産物が御礼の品にエントリーされれば…。おっと御礼の品目当てのふるさと納税では決してないのですが。笑

味はとってもジューシーでビールにピッタリあう。
そもそもの製造元は千葉県の八千代市でつくられているそうな。ふーーーん。
イベントなどで食べると、コレ一本350円。うーーーん、ちょっとお高め。。もう少し安くなるときっともっと広まるんだろうな。

地元習志野市の特産物、デザイナー・ディレクターとしては習志野商工会議所に売り込みに行って
ぜひプロモーションしたいところだ。うん。ぜひやらせてほしい。

topページへ>

関連記事
Comment





Comment