いろはのデザイン|千葉 東京|web・広告パンフレット企画制作

2021年

2021年元旦。今年もいよいよはじまった。昨年はコロナばかりが目立った1年。今年はいったいどうなるのやら。そんな思いもありながら、そしてすがすがしい元旦の朝を迎えてお神酒を飲みながら素敵な料理をいただく。いいことがありそうだ。

昨年暮れにとある番組を観ていたところ、「開運」の特集をやっていた。元旦は…
◎けんかをしない
◎掃除をしない
◎包丁を使わない
ことが開運なのだという。信じるもよし、信じずもまたよし。

そもそも、運なんて生まれたときから誰もが等しく持っているものだ。とボクは思っている。要するにその運の使い所。これでその人の人生が「運」によって左右されるのではないかなぁと思っている。そして、きっと持っている運以上に運の良い人は、自分で運をつかんでいる。それはきっとたまたま…とか偶然…とかではない。努力あっての必然的なものだと、ボクは思う。

といいながら、今日くらいは上の3つはしないように心がける。結局ボクも偉そうなことを言いながらなにかにすがっている。そんな2021年。今年で節目の50歳。おっさんはまだまだ自分の運を使い切っていないと信じたい。

そんな正月にしないこと…の「包丁を使わない」。をこんな素敵なものが味方についてくれる。

お節01

地元津田沼で店舗のないお惣菜屋さんで活動している「ごはんやMAME(仮)」さんのお節。いろはのデザイン内の地域応援コンテンツ、「いろはぷらす」にもご賛同を頂いている通称おまめさん。大晦日の日に、予約販売であったお節を購入。なんとも、なんとも素敵な色とりどりの食材と心のこもった盛り付け。

お節05
お節02
当たり前だがすべておまめさんの手作り。まずいわけがない。
お節04
きっと包材や外飾りも研究してこちらを採用されたんだろうな。と思いが伝わる。
お節03
お節の食材にはそれぞれ新年に食す意味があるという。

今日はこれとお神酒でのんびり正月だ。

ものづくりで大切なこと、
それは今も昔も変わらない。
irohano design's policy

いろはのデザインが思う、デザインの“いろは”

special

千葉県習志野市を拠点に構えるいろはのデザインの周りには、素敵なヒトたちがたくさんいます。 そんな地域の仲間とみんなで、この習志野市を盛り上げていこうという活動を行っています。

 

 

@irohano_design