いろはのデザイン|千葉 東京|web・広告パンフレット企画制作

即席ラーメンの進化〜オホーツクの塩ラーメン

オホーツクの塩ラーメン_01
透き通る上品なスープに旨味がぎゅっと!これ、家で作っています

日本人がこよなく愛するラーメンという食べ物。うまいラーメンを食べに行きたいよねー。ってのも、このご時世なかなか難しい。そんな中、自宅で食べられる激ウマの即席ラーメンをご紹介しよう。

いろはのデザインのブログなので、あまりこーいう記事は控えめにしているつもりなのだが。この即席麺、ボクが人生で一番うまいと感動してしまったくらいの味で。

オホーツクの塩ラーメン_02
メディアにも紹介されて気になった即席ラーメン。これがマジで激ウマ。

「オホーツクの塩ラーメン」。実は先日、マツコ・デラックスのTVでも紹介された超激ウマのラーメン。一度食べてみたいなと思っていた矢先、地元海浜幕張のイオンで「北海道フェア」をやっていたところで偶然遭遇。(実はそのあと、津田沼のイトーヨーカドーでも同様のフェアがやっており、そこでも遭遇したのだが)1袋490円というバカ高いラーメンを買ってみた。※ちなみに、津田沼のイトーヨーカドーでは定価の350円で販売。良心的★⇒それに比べてイオンはエゲツないほどぼったくっている。二度とイオンではこの手のフェアでは買わない。

文句はさておき、この味。透き通る昆布とオホーツク海水をベースにしたスープは、もはや即席麺の域を超えている。旨味がたっぷりと詰まったスープと、これまた即席麺らしからぬもちもちの麺が見事に絡み合い、あっさりとした中にもコクのある、まさに奥深い味だ。

もうね、こーいうの出てくると普通の即席麺が食べられなくなっちゃうよ笑
はっきり言うよ。その辺のチェーン店のラーメン屋なんかよりうまいぞ!間違いなく。このラーメン大量に仕入れてさ、ラーメン屋やってもそこそこどころか結構人気店になるんじゃないか?そんなことを食べながら思ってしまうほど。(やらないけどね)
調べてみると製造元は北海道の紋別「つらら」という会社だ。毛ガニのラーメンとかも売ってる!!これも気になってしまう。

即席麺としてはお値段は通常の5倍くらいする。毎度毎度…って訳にもいかないけれど、おうち時間が増えたこのご時世、家で少しでも美味しいものを食べられる機会が増えたこの時代に感謝。

ものづくりで大切なこと、
それは今も昔も変わらない。
irohano design's policy

いろはのデザインが思う、デザインの“いろは”

special

千葉県習志野市を拠点に構えるいろはのデザインの周りには、素敵なヒトたちがたくさんいます。 そんな地域の仲間とみんなで、この習志野市を盛り上げていこうという活動を行っています。

 

 

@irohano_design