いろはのデザイン|千葉 東京|web・広告パンフレット企画制作

我が家のクリスマスツリー

クリスマスツリー01

今年も。とうとうここまで来ました。コロナに始まりコロナに終わる。(終わってないけど)いろいろなことが規制され、マスクは日常の下着のようになり、手洗いが上手になった1年。いろいろあったが、時間だけは容赦なく刻々と進む。

12月になり、今年もこの季節がやってきました。我が家ではあまりクリスマスらしい飾りつけなどはしなかった。きっとツリーを買っても毎年出すのがめんどくさいし、そもそもなかった。

そんなとき、地元習志野でフローリストフライヤーズ(florist.flyers)さんというお店のないお花屋さんとお知り合いになる。ここのオーナーさん、あまり表には顔を出されるのが苦手なご様子の方ではあるが、すごーーーーくいい人。(そういう方っていたっていい人が多いのだ)そして何より、すごーーーくオシャレ。

お店がないのにどうやってお花売るの??そう。お店がなくても花は売れる。だってオシャレだから。取り扱うお花もほかの花屋とはちょっと違う。オーナーご本人は決してそんなことないよ。と謙遜しておられるが。そんなフローリストフライヤーズさんは、様々なイベントやカフェやちょっとしたマルシェなど…。お声がかかれば参加されて地元では知る人ぞ知る、ちょっとした有名店(店はないが)。

僕も2年ほど前から初めてお知り合いになり、いろいろなイベントでお会いするうちにちょいちょいお話したり。人のつながりってこういうことなんだな。きっと。

一昨年から、このフローリストフライヤーズさんで、この季節になるとクリスマスツリーを購入させていただいている。これがオシャレ。だから買う。大きさ50cmほど。テーブルにちょこんと。そして何より、生のもみの木。正確には1本ものではないのだけれども、芯材にしっかり形状されていて、とってもナチュラルなのです。

クリスマスツリー_02
作り物では味わえない香りや色づきも楽しめるのだ

もみの木の香りや本物たるしなやかさ。そこら辺のホームセンターで売っている999円のクリスマスツリーの模造品とはわけが違う。毎年使える??ああ、どうぞそういうのがいい方は999円で買って毎年使ってください。

このナチュラルツリー、実は10日に1度くらい水やりを絶やさなければ3月の上旬くらいまでもつ。クリスマスだからもみの木…というよりもこの冬の季節に家にあることがなんだかほっこりさせられる。

お値段税込み5,000円。今年もブラウンサウンドコーヒーで出店の際になんとか購入できたが…。来年からは予約して買おうっと。

ものづくりで大切なこと、
それは今も昔も変わらない。
irohano design's policy

いろはのデザインが思う、デザインの“いろは”

special

千葉県習志野市を拠点に構えるいろはのデザインの周りには、素敵なヒトたちがたくさんいます。 そんな地域の仲間とみんなで、この習志野市を盛り上げていこうという活動を行っています。

 

 

@irohano_design