toggle

いろはぷらす +19

欧風食堂 タブリエ オーナー 中島 康敬さんの「ぷらすのチカラ」

01_タブリエ 中島さん

欧風食堂タブリエ×いろはのデザイン

地元に素敵な洋食店がオープン。立て看板をみると地元津田沼出身の方がお店を構えたと書かれてあった。早速店内に入ってみると、ナチュラルトーンの店内でぬくもりがあり、それでいて街の食堂のような存在の店。また、素材と向き合い確かな経験から生み出すオーナー、中島さんの本格イタリアンの料理も見事だ。そんな中島さんに“いろはぷらす”の主旨を話したところ、二つ返事で快諾していただき今回の掲載に至った。

02_タブリエ外観入り口正面
03_タブリエ店内POP

食の道へのきっかけは“ベーコンを焼いた”ことから

私が料理人になったきっかけは小学生の頃、従兄弟と自宅でテレビゲームをやっていて、お腹がすいた時に冷蔵庫を勝手に開けてベーコンを焼いて食べていたりしていました。おそらく、その頃から子どもながらに料理に興味を持ち始めていたのかもしれません。また、中学の進路を決める時に、友だちの家が寿司店を経営しており、職人さん(友だちの親父さん)をみて、「かっこいいな」と思ったのが、食の道へ進むきっかけになったと思います。寿司職人になりたい。と思って入った高校の調理科では、さまざまな料理、調理に関する勉強をしていきました。料理のの勉強をしていくうちに、洋食への憧れも強くなり、調理師免許を取る頃には洋食へ道を進むことを決めていました。

修行時代の出会いが今の自分の礎

修行時代は元帝国ホテルのシェフだった方で、当時表参道でシェフを務めていた方のそばで働きました。厳しい毎日でしたね。学校では教わらない基本的なことをがっちりと学ぶことができました。この方との出会いが今の私の礎になっていると思います。その後、自宅近くのイタリアンの店で仕事をはじめました。イタリア料理に興味をもったのがその頃からです。

04_中島さん作業シーン

料理人としての目標

料理人をやっていると、最終的には「自分の店を持ちたい」と誰もが思うようになると思います。私もその一人で、若いうちからその目標はありました。お店を出店するために、料理以外のバーでお酒を覚えたり、ホールをしたり、海外に行ったり、出来る準備はしてきたつもりです。

05_タブリエ店舗内インテリア
木のぬくもりと明るい店内 気軽に入店できる

地元津田沼への思い

店舗を構えたいと思いながらも実現に至らぬまま年月はたちましたが、ちょうど結婚をきっかけに店を構えようと決心しました。妻も地元が津田沼なので、店を出すならば地元の津田沼でという思いが強かったです。

2年ほど物件を探し回り、ようやくこの場所にたどり着きました。店舗を構えるって一言にいえば簡単ですが、この物件探しは本当に大変でした。

06_中島さん料理シーン

人とのつながりは“幼なじみ”のやさしさから

人のつながりがなければ、ここまで来られませんでした。特に私が恩人と思っているのは幼なじみです。彼は検見川で焼肉店を経営していて、店舗開業に至るまでのアドバイスや、食材・乾物系、肉類などの仕入れなど紹介してもらったり、経営のノウハウなどもアドバイスしてもらいました。幼なじみだからこそ、彼も本気で私のことを心配してくれたと思います。何十年もの付き合いになる幼なじみが同じ食の道にいたということは私にとって大変うれしいし、心強かったです。

07_タブリエ店内インテリア
店内の椅子もひとつひとつ個性的 これもタブリエのこだわりのひとつ
08_タブリエ店内インテリア
壁面の黒板はオーナー中島さんが自ら設置

タブリエのインテリア・コンセプト

インテリアは食堂のイメージです。固くならず気軽に、美味しい料理を食べてもらいたい。楽しく食べてもらいたいと思って設計を依頼しました。カウンター越しのや壁面の黒板シートは自分で貼ったんです。これもメニューを楽しく見てもらいながら注文してもらえればいいなぁと思っています。

09_タブリエのランチパスタ
タブリエ自慢のパスタ料理「桜えびと春キャベツと菜の花のペペロンチーノ」
10_タブリエのランチオードブル
ランチには前菜、ドリンク、デザートがつく
11_タブリエのランチデザート
手頃な値段で本格的なイタリアンが楽しめる

料理へのこだわりは「お客さまに気軽に楽しんでもらう」こと

料理は基本的に化学調味料は使用していません。それから、料理はもちろん、お酒にもこだわっています。ワインは手頃な値段でできる限りご提供させていただき、手作りのイタリアンと一緒に気兼ねなく飲んで楽しんでもらいたいですね。それから、クラフトビールは数十種類以上をご用意しています。地元千葉県のクラフトビールもあります。こちらも徐々に種類を増やしてたくさんのクラフトビールをタブリエのイタリアンと楽しんでもらえたら嬉しいです。そして、タブリエに来ていただいたらパスタを食べていただきたいですね。タブリエは「食堂感」を大切にしているお店ですので、気軽にイタリアンを食べていただきたい。日本人に馴染んでいるイタリアンといえば、やはりパスタかな。と思っています。さまざまな工夫を凝らしたパスタメニューで皆さまにぜひ喜んでいただきたいですね。

12_タブリエのクラフトビール
全国から取り寄せたクラフトビール 数十種類に及ぶ
13_タブリエのワイン
ワインも手頃なお値段で楽しめる

次のステージへ

今後はやりたいことがたくさんあるんですよ!できるところから少しずつになりますが、まず、「宅配バル」をやってみたいんです。家事や子どもの世話で時間や都合がつかず忙しいママさんたちにご自宅でも手作りで美味しい料理とワインを楽しんでもらいたいんです。オードブルやアヒージョなどの料理を宅配バルで提供できればと考えています。

幼なじみと店舗同士でコラボしながらメニュー展開なども面白いかなぁと。それぞれの店舗で自慢料理の交換など、ジャンルの異なる店舗だからこそ、アイディアひとつでお客さまに喜んでいただけることがたくさんあると思っています。

また、地元津田沼で育った私たちです。この地域に店を構えられたことを大切にしながら、これからは地域の方と一緒に繋がっていき、このタブリエから地元にいろいろな発信ができればと思っています。タブリエが食を通じて、地域のステーションになっていければ嬉しいですね。

INDEX

欧風食堂 タブリエ 275-0016千葉県 習志野市津田沼2-6-34白鳥ビル105
TEL. 047-409-0716

14_オーナー中島さんと奥様
15_タブリエ外観ななめ

アクセス:京成津田沼駅より徒歩約6分 JR津田沼駅より徒歩約8分 
営業時間:LUNCH 11:00〜15:00 DINNER 月−金 17:00〜22:00 土 18:00〜23:00 ※日曜定休・月曜不定休
※3連休の場合は土日を営業、月曜をお休みします。ご予約、問い合わせ、どうぞお気軽にお電話ください。


ツイッター:https://twitter.com/tablier047

フェイスブック:https://www.facebook.com/ouhushokudotablier/

インスタグラム:https://www.instagram.com/tablier2018