toggle
2019-02-28

3305の紅プレミアム(サンサンエッグ)

かわいいイラストマークが目印 サンサンエッグの紅プレミアム
艶のあるたまご 手塩にかけて育てられた親鶏の結晶

サンサンエッグの紅プレミアム。このたまごを食べると、スーパーのたまごが食べられなくなってしまうくらいおいしい。たまごがおいしい。あまりピンとこない人には来ないかもしれないが、表現をかえよう。例えばこのたまごで卵焼きを焼く。すると、出来上がる卵焼きの色が全然違うのだ。それを感じるだけでも一度購入してほしいくらいの価値あるたまご。

紅プレミアムは、サンサンエッグ自社の養鶏場、茨城県からほぼ毎日、地元茨城県、千葉県習志野市津田沼の直営店舗を始めとする近隣の店舗、他関東近郊で販売されているたまごだ。10個入りで350円(税別:2019年3月現在)で販売されている。

箸で挟んでも、ギュッと押してもこの弾力

箸でつまんでも黄身はびくともしない。ギュッと押してもなかなか潰れない。そんなぷるぷるのたまごのヒミツは、親鳥の「エサ」にある。

サンサンエッグがエサの調合を飼料専門の会社と提携し独自で開発。親鶏が健康で元気なたまごを産めるようにと開発したエサがこのたまごの濃厚な黄身の色、弾力、旨味を引き出している。サンサンエッグがこだわりにこだわったエサが生み出したと言ってもいい、紅プレミアムなのである。

炊きたてのごはんと一緒に。たまごの黄身の色に注目してほしい
新鮮でおいしいたまごの証のこのフォルム

当然だがこのたまご、どんな調理法をしてもとてもおいしい。たまご好きにはたまらないのがきっと炊きたてのご飯にポンと落として食べるたまごかけごはん。ご飯に落とした紅プレミアムはこの白身と黄身のもりあがりが、新鮮で美味しいたまごの証ということを物語っている。たまご焼きや煮卵、ケーキや生菓子、プリンなど、その用途は多種に渡るたまご。この紅プレミアムも、千葉県習志野市の近隣のらーめん店やレストラン、習志野市役所の食堂などでも使用され、その美味しさが評判となり、使用店舗もどんどん広がっている。

INDEX

  • 株式会社サンサンエッグ(3305) 〒304-0823 茨城県下妻市五箇181-19
  • 農産物直売所 3305 〒275-0016 千葉県 習志野市津田沼5-10-6 パレローゼYOSHINO 1F TEL.047-411-7357

アクセス

  • 京成津田沼駅より徒歩約3分
  • JR津田沼駅より徒歩約16分
  • JR津田沼駅より京成バス 津41 津46 津52 津54 系統「袖ヶ浦団地」ゆきバスにて京成津田沼駅入口 下車 徒歩約2分

営業時間

  • 10:00~19:00(日曜定休)

サンサンエッグFacebook

https://www.facebook.com/3305.sunsunegg/

いろはぷらす

いろはのデザインtopへ>

関連記事