toggle
blog

手作り鉢と多肉寄せ植え

この秋、ちょっとチャレンジしたことが。

陶芸。

随分前からやりたかったが、なかなか重い腰があがらなかった。だが、家にある多肉植物ちゃんたちが多くなってきたので、それを植える鉢が欲しかった。

ま、買っちゃえば安いし、それはそれでいいんだが、せっかくなら作ってみるか。と。近くの陶芸教室に体験教室にいってきた。

4回の体験をおえて、こんな感じの鉢をつくって。

植えてみたらあら素敵。

かわゆくできちゃったじゃないの〜♪

またいろいろ作ってみたいな。

more >  多肉植物の聖地に行ってみた〜二和園
more >  多肉植物を買う

いろはのデザインtop>

2018-11-17 | blog, topic & culture

習志野市の秋のイベント〜ガスフェスタ

秋になるといろいろなイベントや秋祭りが開催される。

この地元習志野市でもガスフェスタ2018が11/10に開催。

ボクは初めて覗いてみたのだが、なんとこのガスフェスタ、結構歴史は長くて、何十年も続いている習志野市では老舗のお祭りだ。

習志野市の市役所新庁舎で開催された。

いやーーー

すごい人。天気も良かったのだが、お昼前で福袋が完売していたり、野菜を買うのにエラい行列にならばなきゃならないし。とにかくみーんな知ってるんよね。このお祭り。

野菜はとにかく新鮮で安い。100円〜150円くらいでいろいろな野菜が販売され、みんな山程買っていく。

ボクは自転車だったので、野菜は断念。

でもせっかくなので豚汁を。

具だくさんでおいしかったー。

来年は歩いて野菜を買いに来よう。

 

2018-10-29 | blog, topic & culture

手賀沼エコマラソン2018

手賀沼エコマラソン2018-03

手賀沼エコマラソン2018-02

手賀沼エコマラソン2018-01

久しぶりのマラソン大会。ハーフ。

手賀沼エコマラソン2018

昨年もエントリーしたのだが、雨であえなく出場を辞退した大会だ。

今年はまさにマラソン日和という天候に恵まれ、21キロを走破してきた。

ボクはこの大会が好きだ。

日本有数の汚いと言われている沼、手賀沼ではあるのだが、最近は水質も随分改善されたそう。

水辺の周りを走るという爽快感と、何よりもこの大会運営がすごく行き届いている。

東京マラソンや各都市の主要の大きな大会に比べれば遥かに小さい大会だ。

例えば東京マラソンでは3.53.6万人が走る。

一方、手賀沼エコマラソンは1万人そこそこ。それでも地方のマラソン大会では多い方だが。

この日も、実は首都圏では横浜マラソンが同日に開催されていた。

だがボクは、横浜マラソンのようなビッグネームの大会よりもこちらを選ぶ。

この大会、とにかく運営側がマラソン大会を知り尽くしているのだ。

ランナーから言うと、マラソン大会で一番ストレスを感じるのがスタート前で3つある。

・駅からの送迎の待ち時間

・トイレの待ち時間

・荷物預けの待ち時間

こういうランナーにとってストレスになることを限りなく少なくしようと努力をしている。

送迎は、最寄りの北柏駅から徒歩で行けるアクセスの良さに恵まれた会場。

トイレは、数も比較的多く、その配置にも考え抜かれている

なによりもアッパレなのは、荷物預け。

通常のマラソン大会だと、荷物を預けるスタッフに渡して、そのスタッフが荷物を運び管理する。

でも、ここではランナー自らが荷物を所定のエリアに置くスタイル。

そして、荷物を置くと、そのままスタート地点へ動線が続く。なんとも賢く、人の流れをうまく利用した設置。

さらにいうと、荷物の引き取りも自分でやる。

自分でおいた場所だから、忘れることはない。すぐに見つかり、出口でゼッケンと照合されて完了。

スタッフに管理させると、どこにおいたかを探す時間で長蛇の列が伴う。これが殆ど無い。

うまいなー。知ってるなー。と、小さな大会ではあるが、ストレスなく走れる。

コースや景観、応援など、もちろんマラソン大会の要素って大切なものがたくさんあるが、

一番はランナーが集中して走りに専念できるような準備力なのだと思う。

ただ一つ残念なのは、参加賞のTシャツのデザインのダサさっぷり。。

これ、どーにかならんかなぁー。笑

そんな秋深しのマラソン大会。

翌日は当然のことながら、ビリビリと筋肉痛。これもまたマラソン大会の醍醐味なのである。

more >  柏の葉マラソン
more >  小湊鉄道で行く新春の高滝湖を走る〜高滝湖マラソン大会

いろはのデザインtop>

2018-10-18 | blog, topic & culture

バスケット初観戦とスポーツの進化

 

千葉ジェッツ。習志野市のおとなり、船橋市をホームにするプロバスケットボールチーム。今年は地元のアメフト観戦ふくめて、こんな地元のチームのスポーツ観戦に興味を持った。

そもそもバスケット観戦は初めて。一体どんな感じなんだ。と思いながら、「ふなばしアリーナ」と呼ばれる、名前は聞こえがいいが、東葉高速鉄道、船橋日大前駅から徒歩10分くらいの、住宅街にある体育館。

こーんなところにあるのかよー。と思いながらも中にはいると一変。

試合開始前からすでに盛り上がっているではないか!

しかも、サッカーやアメフト、野球と違ってコートが狭いので、実際の選手との距離も近く感じる。

演出も今っぽく、ノリノリのBGMやチアダンサーなど、随所で盛り上がりを見せる。

それから一番見ていて楽しいというか飽きが来ないのが、バスケットボール自体の試合の流れ。

展開が早いし、ボクが体育の授業でバスケットをしていた時と比べてルールが大幅に変更されていた。

いわゆる時間稼ぎ的な行為ができないように攻撃側の秒数制限。

こーいったルールがとても攻守の切り替えを早くさせ、見ていて楽しい。

ルールというのは時代とともに変わり、進化していかなければならないと感じた。

スポーツって、一瞬の判断や采配で勝負や流れが決まっていく。

それは同じスポーツでも時代とともに進化した戦術や手法が加わる。

だから、それに見合わせてルールも改善していかなければスポーツとして成り立たないのかな。と感じた。

たとえば大相撲。

いろいろと物議を醸し出しているスポーツの一つだが、こんな歴史あるスポーツにも「ビデオ判定」ならぬものが登場している。

それが全てではないが、審判がルールブックだ。と言われる時代はもう終わったのかもしれない。

話はそれたが千葉ジェッツ、注目の富樫選手もライブで見られたし、

チケットも自由席だったが手頃な値段だったし、

なによりも新鮮な感覚でスポーツ観戦ができた。

結構オススメ。

この日は三遠との戦いだったが、見事4Qで逆転勝ち。

試合内容もよかった。またぜひ見に来ますか。

more >  久しぶりの舞台を観に行く
more >  CO-展を見学

いろはのデザインtop>

ソーセージの街の由来とドイツフェア

車両中吊りイメージ

いよいよ10/1314と地元津田沼で開催される一大イベント、習志野ドイツフェア2018が行われる。毎年、春はビールフェア、秋はドイツフェアま、両方ビールがメインなのだが、津田沼公園(JR津田沼駅すぐ)で開催されるのだ。どちらも気候もよくて、近隣から沢山の人が来場される。

今年はどんなイベントになるのやら。

春のビールフェアは、習志野商工会と一緒にメインポスターをいろはのデザインで作らせていただいた。今回の秋はドイツフェアは、メインポスターではないのだが、ドイツフェア内で開催されるイベント、習志野ソーセージの新作発表会の告知ポスターを作らせていただいた。

そう、だいぶ浸透してきた、習志野ソーセージ。

ドイツと言えばビール、ビールと言えばソーセージ。

相性はバッチリ。うん。

ところでなぜ?ソーセージが習志野が推しているかというと

昔、日露戦争の時に、市内にある京成大久保周辺が捕虜の収容所があった。その当時の捕虜を当時の日本人は結構手厚く対応していたそうな。

そのときに、その対応のお礼に、捕虜のロシア、ヨーロッパ系の人からソーセージの製法を教えてもらったそうな。

地元でも、結構歴史をたどると面白い。それ以来、この習志野が、日本のソーセージ製法が初めて伝えられた場所として、「習志野ソーセージ」を市をあげて推しているそうな。

とにもかくにも、僕は青空のもと、うまいビールとソーセージが食べられればOKよ。

たくさんの人に来てもらいたいな。

more >  習志野のソーセージ
more >  イベント媒体広告/ポスター/車両中吊り

いろはのデザインtop>

2018-09-29 | blog, food, topic & culture

若人の潔さとクラウドファンディング!

いろはのデザインで仲良くさせていただいているSake Base(酒ベース)さん。

いやぁ、彼ら2人はすげーよ。マジで。

若いパワーって、ヒトやモノ、そしてコトを動かすんよね。

彼らは毎日の日々の活動をしながら、いよいよ自分たちの城を持つようで、

千葉市のみどり台付近に予定しているそうだ。

そこでは、もちろん、自分たちが集めてきた間違いのない日本酒の販売を中心に、

いろいろなイベントも考えている様子。

そして、その資金を現在クラウドファンディングで集めている。

目標は250万!

そして、彼ら2人の半端ない潔さが、期日までにこの金額が集まらなかったときは

びた一文、自分たちのところには入ってこないそうだ。

マジかよ〜〜〜〜ぉ。

現在、50万ちょっと!

いろはのデザインも微力ながら出資!!

ガンバレ!Sake Base 応援しています!

★★彼らの思いはぜひこちらから!★★

いろはのデザインのいろはぷらす+13 Sake Base 宍戸 涼太郎さん、土屋 杏平さんの「ぷらすのチカラ」

 

more >  日本酒パークと言う名の酒イベント
more >  さすらいの日本酒放浪記〜Sake Base

いろはのデザインtop>

 

 

鎌倉散策

9月の連休中日。まだまだ暑い。初夏のような関東、首都圏。

お天気もいいので、鎌倉へ行ってみた。

いやーいい天気。

そして、まずは朝飯抜きでメシを食いに。

行ったところは、ゆるりと、古民家風のカフェ・レストラン

そらふねというお店だ。

そらふねの看板

鎌倉そらふねの入り口

そらふねの玄関

なんとも風情ある佇まい。

11:00オープンで、並ぶのが嫌なので、オープン10分前ほどに到着。お客さんもいなく、一番客。ラッキー。

鎌倉には食べるところやカフェがたくさんある。正直一日歩いてみて、特に調べていかなくても素敵なお店が軒を連ね、結構なんとかなる。ただ、このそらふねは鎌倉の繁華街、小町通りとは反対方向にあるお店。調べていかないとなかなか見つかりにくいだろうなぁ。

雑穀ランチ

食べたのはこんな雑穀ランチ。うまい。ヘルシー、やさしい。ほんわかと。古民家のこの雰囲気でゆっくりとした時間が流れていく。いいですわー

鎌倉市農協01

鎌倉中央食品市場

ちなみにこのそらふねも利用している、お店から歩いて5分程にある鎌倉の台所。中央食品市場。ちょうど鎌倉駅とそらふねの真ん中あたりに位置するこの中央市場。これも小町通りとは反対方向に位置する。

午前中に行かないと新鮮な野菜が手に入らないらしいが、ここには鎌倉野菜などの地場野菜がズラリ。買って帰りたかったなぁ〜

小町通り

はい、連休の小町通り。人だらけ。

鎌倉、人気なのね。。

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

せっかくなので、小町通りから鶴岡八幡宮へ。何年ぶりかなぁ。鶴岡八幡宮。こちらも小町通りにいた人が平行移動して大賑わい。

それでもやはりパワースポット。しっかりとお参りして、神輿のドックみたいなところでパチリと。

秋の鎌倉。津田沼から約1時間20分の小旅行。

もう少し近ければなぁ…

more >  パワースポットを感じて
more >  昭和が残る街〜日暮里〜谷中

いろはのデザインtop>

2018-09-16 | blog, topic & culture

久しぶりの舞台を観に行く

たまにはこーいうリアルなものを目で観て、肌で感じて。ということがいかに大切なことか。

かねてから僕のコーチングの先生、大槻さんのご主人、小田さんが出演された舞台を観に行ってきた。

お茶の間ゴブリンという劇団。なんとも風変わりなネーミングの劇団名だが、とってもクオリティが高かった。

お茶の間ゴブリン アメージングロスト

そもそも、舞台を観に行くことが本当に久しぶり。ネットやら、ユーチューブやら、今の世の中、バーチャルな体験ばかりに目が慣れてしまっているが、ボクはこういうリアルな舞台こそ、ここで感じること。人の声の響き、空気感、演者さんから伝わってくる思い、そんなものをライブで感じてこそ価値があると思う。

もともと小田さんとは以前からの知り合いで、アクロバット的な要素を取り入れたパフォーマーでもあり、人の体のケアなどをサポートする、静と動を取り入れながら仕事をされている方で、僕の周りの知り合いの中では大変珍しい職業をされている方の一人だ。

スタートから登場された小田さん、ご自身の得意なパフォーマーを生かした舞台演技は他の演者さんとは少し違う印象だ。

内容のことはあまり触れない方がいいのかもしれないが(ネタバレ的に)今回の舞台、「アメージングロスト」というお題で、森の中で迷子になる主人公の話から物語は始まる。だが、その迷子、迷い人は様々なことに迷っていて、それが形となって現れる…といったような内容。

舞台などを観に行っていつも感じることは、はい、演者の演技力がすごい、リアリティーを感じる…以外に、そのストーリー的なクオリティ。

上っ面のそれ以外に、もう一つ何か感じることがいつも思い、考えさせられる。そんなことを思う。

今回のアメージングロストという舞台も、まさにそんな、何かを考えさせられる要素が。

そんな舞台鑑賞、たまにはこーいうのもとってもいいものだ。

最後はその小田さんとパシャリ♪

アメージングロスト出演の小田さん

more >  シャンシャンだ!
more >  昭和が残る街〜日暮里〜谷中

いろはのデザインtop>

陶芸デビュー

津田沼陶芸教室

雨の3連休の初日。ずっとやってみたかった。そしてかなり気になっていた場所へ。

津田沼陶芸教室。

そう。その名の通り津田沼にある陶芸の教室だ。なんともわかりやすい。

だが場所は分かりにくい。

京成津田沼駅と谷津駅の間。ちょうど線路沿いということもあり、京成線の電車に乗っていてもわかるのだが、これが何とも見逃してしまいがちの場所。

きっかけは今年の初夏。なにか新しいことを始めたいな。と思って適当にググっていたら見つかった。

それから何度かこちらの先生、林さんと連絡を取らせていただき、一度見学がてら教室にいってみたり。

林さん、いや林先生は元広告系の代理店に勤務されていたこともあるようで、なんとも親近感もわく。お会いしてみるととっても親近感もあり、だがちょっぴり変わり者?というのが僕の初見の印象だ。

ひとまずこの日から4回の体験コースに入会。家から自転車で5~6分。歩いても15分程度。この近さがたまらない。やっぱりね。趣味にするなら続けられるのが条件よね。

事前に作りたいもの、なにかスケッチしてきて。といわれたので。

もちろん僕は多肉ちゃんの鉢をたくさん作りたいためにこの陶芸デビューをしたいので。こんなのできるのか?とスケッチを。ざざっと描いたのでパースも狂っているがこれをみせると

多肉の鉢スケッチ

見た林さん、第一声が

これ、体験のレベルで作るものじゃないね。と。

あはは。やっぱり無理か。そりゃそうだよなー。お茶碗とか湯呑とか。普通はそうだものね。

じゃ、別に何でもいいですよー。といってみるものの、なにやらぶつぶつと段取りを考え始めている林さん。

ちょっと今段取り考えてみるから。と。なんともお優しい。

で、細かいことをいくつか質問されたが、どうやら段取りも固まったようで。

じゃ、作ってみようか。

え??できるの??そうなん?

さっき体験で作るレベルじゃないってゆーたじゃん。

と、戸惑いながら初めての陶芸デビューが始まった。

所要2時間。底をつくって、粘土をコネコネ。これがひんやりとして気持ちがいい。

非日常の感覚。そして、なんともいえぬ集中できる空間。

あっというまの2時間でベースになる本体の形がととのった。

写メ撮るの忘れたのでまた次回。

意外とできるもんだなぁー。

なんだか楽しくなってきた。

そして、やっぱりちょっと変わり者の先生もとっても気さくでおもしろい。仲良くなりたいなぁ。

more >  谷津バラ園にいく
more >  多肉植物の聖地に行ってみた〜二和園

いろはのデザインtop>

シャンシャンだ!

上野動物園

何年振りだろう。ここに来たのは。

今年のお盆はめずらしくお休みをいただいた。

この季節に休みを取るのは本当に数十年ぶりのこと。で、どこに行っても混んでいるこの季節、いったいどこに行こう。と考えたのがここ。

当然、混んでいることは分かっていたものの、やっぱりね。お休みだもの。家でゴロゴロじゃつまらない。世の中のお盆を体感するのと、一番のお目当てはシャンシャンに会いに行く。という紛れもないミッションなのだ。そんなシャンシャン目当てに、朝は6:30に起床。気合がちがうぞ。

いなりも作った。まってろシャンシャン。

さらに前日、シャンシャンに会うための作戦をネットで検索。午前中から90分だ120分だの待ち時間が。ディズニーランドかよ。と思いながら、この猛暑、さすがにパンダ一頭にこの時間を待つのは人間様が先にバテちゃうので、何とかいい方法はないかと。

で、同じように感じている方々のネット情報を見ると、どうやら正門から正攻法で攻めるのは×

上野動物園には正門以外にもう2つ入り口があるとか。

その入り口を利用する。

開門1時間前、不忍口にある入り口に到着。

正門にはすでに100名以上集まっているのに、ここには2番手で並べた。自販機券の前には1番手。ここでチケットをかって、正門の「チケットを持っている列」へ並ぶというのが裏ワザらしいが、ボクはそのさらに裏をいく。

チケット購入後、不忍の入り口から入場し、誰もいない園内をひたすらダッシュ。5分もがんばればシャンシャン行列にたどり着いた。

時間は40分まち。うん。ベストは尽くした。そんな気合の末に出会えたシャンシャン。

今日のシャンシャンは横になりながらご飯中。

かわいい。うーーーん。ちょっとでかくなったなぁ。

もうちょっと前にきてくれたらなあー

いけずなシャンシャン。

ま、それでもお母さんはサービス精神旺盛でしっかりご挨拶ができました。

はじめにすべてのパワーを使い果たしてしまった感もあるが、上野動物園にはシャンシャン以外にも楽しい動物がたくさん。

ただ、暑い

動物たちも、もちろん暑い。

なので、みなさん、あまり元気がない。

おさるも。カワウソも。

しろくまやペンギンさんは辛いよなぁ。猛暑ニッポンでは…

カンガルーも考え中。ではない。暑いのだ。この子たちも。

そんな真夏の動物園。

今度はもう少し涼しくなった時に見に来よう。

唯一、この子とだけ目が合った♪

more >  暑い、辛い!台湾フェスタ2018
more >  GWのおいしいランチ

いろはのデザインtop>

 

2018-09-08 | blog, topic & culture

CO-展を見学

Co-展さんの投稿 2018年7月28日土曜日

CO-展

今日、京成大久保の八幡公園で行われた習志野のイベント。

毎年2回ほど、行われていて、ボクも今回2回目。前回はむぎのいえのビールとsakebaseの日本酒を景気よく飲んでヘベレケになってしまった。

あれから半年。再びCO-展が。

そもそもこのイベント、CO→共同や共通、みんなで一緒につくりあげていくという意味や願いが込められているイベント。きっと、出店者も、来場者もみんなで作り上げていきたいっていうイベントなんだろうな。

ボクが昨年行ったときと大きく変わっているのは、たくさんのお知り合いができ、そしてこのCO-展に出展されていること。

たまごのサンサンエッグ、ペンネンネネム、主催者の黒澤さん、sakebase、むぎのいえ。うれしいじゃぁないか。いろはのデザインとして、「いろはぷらす」にご賛同を頂いている人たちばかり。うれしいーじゃぁーないかぁ〜★

…と、思いながら今日もちょろりと遊びに。(というか視察も兼ねて)

本当はゆっくりしたかったのだが、このあと用事があり、あまりのんびりもできず、今回はノンアルコール、ノンエッグ。ノンカフェ。。。おい、一体何しにいったんだよ。笑

とはいえ、知り合いのみなさんとご挨拶もでき、それはそれでよかったよかった。

次回はもっとのんびりと。

…それにしても、すっかり写真すら撮らずに帰ってきてしまった。。あーーーー。

CO-展のFacebook、素敵です。ぜひみてください

 

more >  習志野市大久保のイベント~Co展へいく
more >  ならしののもり

いろはのデザインtop>

2018-09-01 | blog, food

うまいハンバーガーは食べにくい説

ふと、うまいバーガーが食べたくなった。

ならば、食べたいのなら食べに行こう!

ということで行ったのが地元津田沼のお隣り町、船橋。

京成津田沼から徒歩5分ほどにあるこのお店。

ググりながらついたバーガー店は、ゴールデンバーガーという店だ。

お腹すきすきモードでワクワク。

扉を開けると店内は意外と狭い。

というか、本当に狭い。席空いているか!??と思いきや、ちょうど1席空いていた。ラッキーすぎる。

そして店内を見回すと、スターウォーズのフィギュアが壁一面に。オーナーの趣味なんだろう。

早速注文したバーガー。

メニュー名忘れてしまった。が、これがなかなかうまかった。バンズも美味しかったし、パティもお肉感抜群。可愛い顔のイメージもたまらない。

野菜もこれでもかというくらい入っていた。

そして何を隠そう、食べにくい。

そーなんだよ。本格的なバーガーってさ、食べにくいのよね。

そんなゴールデンバーガー、近くに美味しいバーガー屋さんいくならここかなぁと。

more >  津田沼のオシャレカフェ〜ペンネン・ネネムへいく
more >  中目黒のハンバーガー専門店 SASAへいく

いろはのデザインtop>

2018-08-27 | blog, food, travel

弟子屈ラーメン

弟子屈という地をご存知だろうか。「てしかが」と読む、北海道 道東にある地名だ。近くには摩周湖があり、弟子屈には温泉もある。昔、北海道に毎年のように旅をしていた頃、この道東にある弟子屈のペンションによく宿泊させていただいた。その弟子屈の地名がついた弟子屈ラーメン

先日ちょっこりと札幌に遊びに行った時に、帰りの飛行機の前に空港で食べたラーメン。

これがうまい。

縮れ麺で魚介のスープとよくあう。

辛味噌を注文したのだが、うん。ピリリとあとから辛味がましてきて、この季節、札幌は夜18度という半袖では寒いくらいの気温でも汗が吹き出してきた。

といっても空港内なので冷房が効いているのだがね。

そもそも、やっぱり北海道のらーめんは味噌だろ。と勝手に思うのだが。

それにしても新千歳空港、その他のラーメン店も充実。

一幻のラーメンが一番人気なのかな。

こいつはお土産で購入。こちらも楽しみな味。

more >  一杯のラーメンから考えること
more >  カップラーメンの1位を食べる

いろはのデザインtop>

パワースポットを感じて

やはりここはパワースポットだと感じた。

明治神宮

明治神宮代々木口

明治神宮05

この前の日曜日、台湾フェスタ2018へ行く前に、せっかくなのでちょっと寄り道。

代々木駅からてくてく歩くこと10分。代々木側の明治神宮の入口に到着。

今までジリジリと暑かったのに、ここに到着すると何故だろう?空気が変わった

森林で日差しが遮られているから空気が他と違う。という理由もあるだろうが、なんだ?この感覚?

こーいう感覚って、この国に住んでいる日本人だからこそ感じるようなものなんじゃないかなーって思う。

外国人を否定している訳じゃないので。

中をグイグイ進むと、ひんやりとした風も感じる。こんなに暑いのに。

なぜか凛としたこの感覚

やはりパワースポットってあるんだなと。

明治神宮02

明治神宮本殿02

明治神宮本殿01

明治神宮01

明治神宮04

それにしても、ここ数年、日本は外国人が多くなったと感じる。

地下鉄や電車に乗って感じたり、こうした観光スポットに来たりすると顕著に感じてしまう。

ぜひ海外の方にも、こんな感覚がある日本のスポットを肌で感じて欲しいですな。

台風一過で天気もいいせいか、

iPhoneで撮影した写真でもそこそこキレイ★

明治神宮、今度はもっとゆっくりと訪れたいな。

more >  暑い、辛い!台湾フェスタ2018
more >  皇居の見学〜坂下門

いろはのデザインtop>

暑い、辛い!台湾フェスタ2018

関東の台風12号が過ぎ去り、昨日から開催しているイベントへ。

台湾フェスタ2018

台湾フェスタパンフ

台湾フェスタ2018会場内入口

代々木公園で行われているイベントだ

実はいつも良くしてくださっている方が

このイベントに出られているとのことで、ちょっこり時間をとっていってみた。

 

10時過ぎに到着。

とにかく暑い。しかも台風後だから空気も綺麗なのか空も真っ青。

会場内にはすでに凄まじい人!

台湾フェスタ会場内01

台湾フェスタ2018会場01

台湾フェスタ会場内03

台湾は日本でもアジア旅行には人気の国だけあって、人気があるんだろうなー

そしてメインは台湾グルメの数々。

とにかく、みんな似たりよったりの看板なんで、看板的には個性がないが

一番人気はこの屋台。

台湾フェスタ会場内05

胡椒餅でミシュランガイドにも載っている店らしい。

ホントにうまいのかな?

そして行列好きの日本人。おそらく80m以上の列になっていた。

ボクは行列が嫌いだ。

価値のある行列ならまだよしとするが、

この餅1つにホントにこの行列に並ぶ価値があるのかないのか。そんなことをいつも思ってしまう。

せっかくなので一品くらいは食べて帰ろうと。

台湾フェスタ会場内03

食べたのが台湾のまぜそば。

あ、ちなみにこんな看板のお店です笑

台湾フェスタ会場内04

ピリ辛でいかにも台湾ソウルフードらしい味。美味しいけど、これで500円は高いなぁ

わずか1時間くらいしか回れなかったが、来年はもっとゆっくり食べに来たいな

 

more >  不動産・ゲストハウスパンフレット
more >  インバウンドポスター/駅ポスター

いろはのデザインtop>

1 2 3 4 5 10