toggle
blog
2016-04-24 | blog, topic & culture

夜な夜な頭の体操?〜なぜ勝てない!?

スマホアプリゲーム将棋
最近のプチはまりごと。将棋ゲーム。

そもそも、スマホにゲームをほとんど入れない自分なのだが。
飽きっぽい僕にとってはゲーム的なものが長続きしないという性格らしい。
そんな僕が、なんとなく無料でDLした将棋ゲーム。これがとっても新鮮なのである。

将棋との出会いは僕が小学校のとき。オヤジに教えてもらったことがきっかけだ。
なぜか将棋の駒があり、将棋盤があり、そしてオヤジは将棋が強い。そんな偶然の連続が
オヤジが仕事から帰ってきて一局対戦するのが子どもゴコロに楽しみだったのを思い出す。

そんな将棋。ま、あまり向いていないのかもしれないが、そんな幼少からやっているにもかかわらず、
めちゃ弱い。ガキの頃もオヤジには10回やって1回勝てばいいほう。
オヤジが強いのか、僕が弱いのか…定かではないが。

そしてその弱さは今でも継承中だ。
アイフォンのアプリの将棋、なかなかコンピューターに勝てない。LV1に大苦戦。
仕事あとにアイフォンとにらめっこして目がつかれるわ、頭使うわ、おまけに負けるとくやしいわ。。
微妙なストレスが溜まるくせに、なぜかやめられない。。

おじさんになって、将棋強かったらちょっとかっこいいかも。なんて思ってしまうのがすでにおじさんなんだろうな。

初勝利はいつの日になることやら。

topページへ>

2016-04-23 | blog, topic & culture

時が止まる瞬間〜津田沼 鷺沼温泉

鷺沼温泉入口

温泉とつくからには、温泉なのである。
津田沼にある超マイナーな銭湯。「鷺沼(さぎぬま)温泉」
僕の自宅から徒歩10もかからないところにある温泉だ。

温泉と言っても、実際は地下から掘り当てた湯を沸かしているので、正確には「鉱泉」になるんだとおもう。

この鷺沼温泉、昔は薪でお湯を沸かしていた。この平成にしてみればすごーーーく貴重な温泉だった。
しかし、東北の震災の時に、地震で釜が壊れてしまったらしく、現在ではガスで沸かしているようだ。

薪の時は、お湯に炭の薫りがうつって湯船に浸かると炭の匂いがほのかにカラダにのこった。
そして、お湯がやわらかい。そんな表現がピッタリの温泉だったが、残念だが現在ではその感覚を味わうことはできなくなった。

この温泉、とにかくボロい。それはもちろんいい意味で。
店内に入るとまるで時が止まっているかのような昭和初期にありそうなインテリアがそのまま残っている。
実際、以前「南極物語」というキムタクや緒形直人が主演したドラマで、
大正昭和の時代の銭湯として、ロケに使われたほどだ。
もちろん、キムタクもこの温泉に入っている。それが唯一の自慢?…そんな温泉。

こんなレトロ空間だが、湯船はめっぽう熱く、3分も湯船に使っているとやけどするんじゃないか?くらいの熱さ。
地元の常連のおじさんやおじいちゃんですら、あちーーぃといいながら湯船に入る。
ま、それが快感…だったりもする、一癖も二癖もある銭湯。

最近はデザイナーズ銭湯のような、オシャレにリノベーションされて運営している銭湯も都内にはかなり数があるようだが、
僕はこういった古いものをそのまま受け継いで使い続ける、古き文化を大事に継承する(大事にしているかわからん銭湯だが笑)
そんな施設があってもいいんじゃないかとも思う。

さ、今週末もあのアツい湯船が恋しくなった。行ってみるかな。

topページへ>

2016-04-09 | blog, service, topic & culture

サービスと安心と真心と。

ツリーヘアー入口

 

tree hair ツリーヘアー

僕が長年カットをしていただいている池田樹さんの理髪店だ。
昨年まで、僕の住まいのご近所さんのお店で働いていたが、その後独立し、
隣町の幕張でお店をオープン。

かれこれ樹さんとは10年来の付き合いになるだろうか。
とっても温厚まじめ。それもクソがつくほどとはこういう人のことをいう。(もちろんいい意味で)

僕はあまりオシャレということを知らない人間だ。
なので、いつも樹さんにカットしてもらう時に「どうします?」とは聞かれるが、
ほとんど「お任せで。」と答える。

きっと樹さんは、そんな僕の答えをいつも分かっているのにもかかわらず、
かならず質問をしてくる。こんなところもマジメ人間だ。

そんな樹さん、僕はほとんどカットしている間、樹さんと喋っている。
きっと疲れている時もあるだろうし、僕の話を聞く前に、カットに集中したいと
思っているかもしれないが、いつも彼は丁寧に僕に接してくださる。

サービスって、安心って、やっぱり人なんだな。
決して新しい設備や最新機器だけが生ませるものではないと、このお店に来るといつも感じる。

そんな樹さん、まだまだ若いものには負けまいと、カットの技術になると
あくなき探究心を語り始める、ほんとクソ真面目という言葉が似合うオーナーさん。

昨年このお店がオープンして、ホームページを作らせていただいた。
そんな樹さんとツリーヘアー。今日も幕張の地で、
ほのぼのと、ゆったりと、お客様を迎い入れる。

topページへ>

 

 

2016-04-06 | blog, topic & culture

気になるCM〜ガリガリ君

https://youtu.be/3rfU3zaoRz8

このCM、見たことあります?
赤城乳業…赤城といえば、当然ガリガリ君。

なんでも今年から60円を70円に値上げをするというCMなんだけど、
このCMが、実に誠実。笑

会長?社長?なのかな?そんな人のアップから、
どんどん引きの映像になり、最後は社員みんなでお詫び。

25年間、ずっと価格を据え置いてやってきたが限界に達しました…。的なCMなのだ。

まず、思うのだが、10円の値上げ…。値上げしても70円という企業努力で成り立っている
夏の定番のアイス。むしろ25年もの間、100円でお釣りが来る商品を提供し続けているというさりげない企業アピールがにくい。

そして、消費税増税だ、なんだかんだでそこら辺のメーカーはすぐに値上げする時代に、
潔く、かつ真摯な企業の顔トップだけでなく、社員全員でお詫びをするという、値上げを逆手に取り、企業の印象を保持する。

んーなかなか。さすがとしか言い様がない、このCM。

作ろうと思ってもなかなかできないと思うこのCM。
このウラにはきっと本気で企業努力をしてきたからこそ自信を持った商品で
お客様と向き合ってきたという信念がとっても感じられた。

今年の夏も、もちろんお世話になりますよ。ガリガリと。

topページへ>

 

2016-04-04 | blog, topic & culture

START!

津田沼の桜

 

いよいよです。はい。

昨年末から密かに計画しながら、今年は個人的にお仕事をふやしていこうと考えた末、

まずは自分のポートフォリオをwebで作ろうかな!とおもったのが今年の初め。

それからやっていくごとに

どうせならwebサイトっぽくしちゃおうかな〜

やるなら屋号みたいのつけちゃおうかな〜

なーんて考えていたらこんなサイトになりました。

いろはのデザイン

現状のデザイン会社での職務はしばらくは進めながら、

今年は個人のお客様としての繋がりを増やしていきたいなと考えています。

そんな、こっそり、ひっそりスタートした「いろはのデザイン」。

“デザインのいろは”、つまりデザインの本質を大切にしたいと思うところから

こんな屋号にしちゃいました!

さて、どんな活動をしていこうかなー。

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

ちなみに写真は地元習志野市津田沼にある東漸寺の桜。

天気はイマイチだが、今年も変わりなく咲きましたね〜

topページへ>

 

 

1 18 19 20 21 22