toggle
2018-10-18

バスケット初観戦とスポーツの進化

 

千葉ジェッツ。習志野市のおとなり、船橋市をホームにするプロバスケットボールチーム。今年は地元のアメフト観戦ふくめて、こんな地元のチームのスポーツ観戦に興味を持った。

そもそもバスケット観戦は初めて。一体どんな感じなんだ。と思いながら、「ふなばしアリーナ」と呼ばれる、名前は聞こえがいいが、東葉高速鉄道、船橋日大前駅から徒歩10分くらいの、住宅街にある体育館。

こーんなところにあるのかよー。と思いながらも中にはいると一変。

試合開始前からすでに盛り上がっているではないか!

しかも、サッカーやアメフト、野球と違ってコートが狭いので、実際の選手との距離も近く感じる。

演出も今っぽく、ノリノリのBGMやチアダンサーなど、随所で盛り上がりを見せる。

それから一番見ていて楽しいというか飽きが来ないのが、バスケットボール自体の試合の流れ。

展開が早いし、ボクが体育の授業でバスケットをしていた時と比べてルールが大幅に変更されていた。

いわゆる時間稼ぎ的な行為ができないように攻撃側の秒数制限。

こーいったルールがとても攻守の切り替えを早くさせ、見ていて楽しい。

ルールというのは時代とともに変わり、進化していかなければならないと感じた。

スポーツって、一瞬の判断や采配で勝負や流れが決まっていく。

それは同じスポーツでも時代とともに進化した戦術や手法が加わる。

だから、それに見合わせてルールも改善していかなければスポーツとして成り立たないのかな。と感じた。

たとえば大相撲。

いろいろと物議を醸し出しているスポーツの一つだが、こんな歴史あるスポーツにも「ビデオ判定」ならぬものが登場している。

それが全てではないが、審判がルールブックだ。と言われる時代はもう終わったのかもしれない。

話はそれたが千葉ジェッツ、注目の富樫選手もライブで見られたし、

チケットも自由席だったが手頃な値段だったし、

なによりも新鮮な感覚でスポーツ観戦ができた。

結構オススメ。

この日は三遠との戦いだったが、見事4Qで逆転勝ち。

試合内容もよかった。またぜひ見に来ますか。

more >  久しぶりの舞台を観に行く
more >  CO-展を見学

いろはのデザインtop>

関連記事