toggle
2018-06-02

数字が実証|イベントポスター制作の莫大な費用対効果|いろはのデザイン

ソーセージ&ビールフェスティバルポスター

当方いろはのデザインで企画、デザイン制作をさせていただいたイベント、地元津田沼で開催されたソーセージ&ビールフェスティバルのイベントポスター。

2日間でなんと8万人以上を集客。大成功のイベントとなった。

ポスターは1ヶ月以上前から地元商店やショッピングセンター、新京成電鉄全駅に掲載などの広報活動も功を奏した。

なによりポスターのデザイン、構成もわかりやすく、大変評判も良かった。昨年に引き続きの担当だったが、年々集客数も増加している様子で、なんと2日目には、開催時間でクラフトビールが売り切れるという現象も起こったそうだ。

実際に僕は2日目の15時〜に行ってみたのだが、人も少なくなり始めるころかと思いきや、まだまだ人は多く、決して広くない会場には人がひしめき合っていた。

ポスターの費用対効果、もちろん、このポスターで8万人集約したわけではないが、イベント成功のカゲで微力ながらいろはのデザインのデザイン制作がチカラになれたのは、僕としても本当に光栄なことである。

ちなみに、ビールが1杯500円なので、ビール2杯にソーセージ、プラスαとした客単価を1,500円としてみると…その費用対効果は

1500円☓8万人=1億2000万!! わおーーーーーーー。こんな経済効果があったのか!

 

ビール引換券

スタッフの方にいただいたビール券。ちょっとうれし♪

津田沼ビールフェスティバル

2日目のアイドルタイムと言われる15時過ぎ〜に訪れてもこの人の賑わい。8万人の来場も納得だ。

習志野ソーセージとビール

残念ながら地元クラフトビール、むぎのいえのビールはすでに売り切れ。ご当地名物ともなりうる習志野ソーセージとビール、スパークリングワイン。ソーセージとビールは最強タッグだわ

ビールフェスティバル習志野市津田沼 マンダンビーフシチューも参戦!

出店ブースには、いつもお世話になっている地元津田沼のメーカーさん、ビーフシチューのマンダンさんも出店。いつものビーフシチューとピーターパンのふわふわパンがベストマッチ!さらにこの日限りのオリジナルのトマト風味のビーフシチューも美味しかった!マンダンはこれから習志野ソーセージとともに地元の名物ビーフシチューになること間違いなし。ブレイク寸前のメーカーだ。

more >  地域イベントポスター|いろはのデザイン|デザイン制作例
more >  千葉県習志野市のイベント|母の日ギフトポスター|デザイン 

いろはのデザインtop>

関連記事