toggle
2016-05-08

おいしいの基準

蔵前のシルクプリン

シルクプリン

昨日蔵前に行った帰りに、ちょっとお茶したいなーと思ってググってみたらこんなキーワードが出てきた。

プリンは好きだ。以前はどうしても食べたい時に、コンビニに買いに行ったら売り切れ。
ならば作ってやろう。と深夜からプリン作りをしたくらいだ。

そんな甘くて黄色い誘惑。そりゃ食べに行ってみなきゃ。というわけでシルクプリンをメニューにしているカフェへ。

駒形にあるテスタロッサカフェ。…は?テスタロッサ??フェラーリ??

着くといやはやとってもフェラーリを意識した外観。
おいおい…。蔵前の下町で。まーなんとも似つかわしくない外観。
店主はフェラーリ好きのちょいワルオヤジのイタリア人か??

いざ入店すると、ま、なんてことない普通の日本人w

黄色い椅子が外観とのコントラストになっている。この椅子がとても座り心地がいい。

そしてコーヒーととともに、噂のシルクプリンを。

うん。なかなかやるじゃぁないかージャパニーズフェラーリ

少し固めだが、パステルのプリンみたいにゆるゆるではないところが好き。
なめらかで舌触りが良い。ただお値段ちょっとお高めの350円。

僕は美味しさの中には必ずコストが大事だと思っている。

うまいものはお金をかければいくらでもうまいものが作れるし、
金さえ払えばいくらでもうまいものが食べられる。

僕が思う、本当にうまいものは、いかにコストを掛けずにおいしく作れるか。
いかに安く、自分の舌に合うものが食べられるか。

これが僕の「おいしい」の基準だ。

ま、ともかく、味は抜群に良かったシルクプリン。
もうちょっとお手頃価格だったらテイクアウトしたんだけどなぁ。

topページへ>

関連記事
Comment





Comment