toggle
2016-08-03

地元津田沼の朝穫れ野菜〜枝豆と眼帯と。

真夏の枝豆

昨日今日とちょっとした夏休み。といっても全然楽しくない。実はものもらいの手術があり、テンションは↓。

昨日、ヒーヒー痛い思いをして右目にあるものもらいの膿みを切開切除
目の麻酔とやらが半端無くいたい。そんな2daysなのである。

今朝も朝から術後のチェックで眼科に。
ボクの地元には結構評判の眼科、三橋眼科というところがあり、目の病気になると決まってここでお世話になる。
先生もいい方で、さながら近所の気のいいおじさんといった感じだ。

昨日よりも痛みがなくなったものの、今日も眼帯ライフ。テンションが落ちている中、
その帰りにこれも地元津田沼の農家さんが自宅前でしばしば販売している野菜をゲットした。
今回は枝豆。夏らしい。風物詩だ。まだ葉や根がまるごとついていて、いかにも朝穫れの枝豆。

こーいう枝豆は最近スーパーでも売ってない。早速眼帯したまま、自宅へ持ち帰る。
ボクはこーいう豆系の食材が大好きだ。

ま、夏の休みを少しでも楽しむため、早速茹でる。
茹でるといっても、ボクはお湯では茹でない。電子レンジでチンする。
この方が、甘みが逃げずにおいしく感じる。

そして、茹で上がったらすぐに急冷。
極端なことを言うと、冷凍庫にぶち込んでもいい。
こうすることで、鮮やかな枝豆の緑色がくすみにくくなり、美味しそうに見える。

レンチンした枝豆を早速パクリ。
うまい。うーーーん。夏の味だ。これでビールがあれば最高の夏の昼間だが、
残念ながら術後なので、アルコールは控えておこう。

津田沼の地元食材をシンプルに堪能。地元の農家のおじさんと、夏の恵みと、眼帯ライフに感謝。

topページへ>

関連記事
Comment





Comment