toggle
blog

食べたよ習志野@ブラウンサウンドコーヒー

「#食べよう習志野」登録店のテイクアウトを実際に食べてみました!食べて応援する企画、その名も「食べたよ習志野」。

今回は久しぶりにカフェ気分♪味わいました〜。ブランサウンドコーヒーさんです!!

この1杯がね。癒やされるのよ。アイスカフェモカ 500円 おいし♥

BROWN SOUND COFFEEは、実は「#食べよう習志野」の登録店ではありません。(2020年6月現在)だけどさ、まーいいじゃないの。そんなことはどうでもいいのです。地元屈指のカフェ。みーんな頑張っているのだもの!ぜひ応援しましょう〜

京成津田沼駅より徒歩約5~6分。地元ではとっても有名なカフェ。コロナ騒動の前はいつ来てもほぼ店内は満席の状態で賑わうお店。抜群のカフェの味はもちろんですが、素敵なインテリア、そして朗らかいつもスマイルのクルミさん(オーナー)。カフェとして、きっと全ての要素が揃ったカフェの中のカフェ。こんなカフェが地元にあることが本当に嬉しいことです。

ブラウンサウンドコーヒーは、いろはのデザインともちょっとだけ繋がりがあります。当方オウンメディア、「いろはぷらす」(地域の頑張っている人たちを応援紹介するメディア・コンテンツ)にもご賛同・取材協力をしていただき、オーナー、クルミさんの地域やお店に関わるつながりや胸の内を話していただいております。

たまに美味しいカフェが飲みたい〜。そんなときはココ。これにつきます。もう少し落ち着いた日々が来たら、マスクを外して、のんびりカフェに行きたい。そう素直に思える素敵なお店。

「#食べよう習志野」習志野市公式サイトはこちらから。
いろはのデザインは「#食べよう習志野」を応援しています!

いろはのデザインtopへ>

食べたよ習志野@プティ・ラシェット

「#食べよう習志野」登録店のテイクアウトを実際に食べてみました!食べて応援する企画、その名も「食べたよ習志野」。

今回はJR津田沼駅から徒歩約5分ほどの場所にあるプティ・ラシェットのテイクアウト!

スープもついた豪華なテイクアウト!1,620円(税込)

JR津田沼から徒歩約5〜6分。京成津田沼からは徒歩約7〜8分のところにあるプティ・ラシェット。実はこのお店、ボクはまだ行ったことがない。今回も奥様が購入してきてくれたもの。お店の存在は知っていたのだが、初めて食べるのがこのテイクアウトのお弁当だ。

プティ…というくらいだから、プティじゃないない店もある。ラシェットM。この2店舗、兄弟店舗のようで、ホームページも2店舗独立していてしっかりしているわ〜。ラシェットの方がややお高め…。こちらもまだ行ったことがない。この騒動がおさまったら、何かのご褒美でちょっと行ってみたい。

さて、本題。プティ・ラシェットのテイクアウト。プティBOX。容器もすごーく優しく高級感が漂う。野菜のポタージュスープもついて、このボリューム。ランチのお弁当としては1,620円とやや値は張るが、それだけの値がついても売れる。というお店側の自信を感じてしまう。

実際にいただく。…その前に、ちゃんと温め方をガイドしてくれる説明があったり、見た目の華やかさ。見ただけで美味しいだろうなって感じる。サービス満点でイタレリツクセリが詰まったお弁当。

豚ロースのカツレツを一口いただく。カリッと。お弁当だけど、サックリ感が残っていて、しかも意外と肉厚。トマトソースも程よい酸味で凄くマッチ。付け合せのピクルス、人参とキノコのサラダ。帆立貝のフリット。どれをとってもしっかりとした味付けとバランス良く散りばめられた食材。まさにおいしいの一言。

「#食べよう習志野」習志野市公式サイトはこちらから。
いろはのデザインは「#食べよう習志野」を応援しています!

いろはのデザインtopへ>

食べたよ習志野@ワイガヤ

「#食べよう習志野」登録店のテイクアウトを実際に食べてみました!食べて応援する企画、その名も「食べたよ習志野」。

今日のランチは地元津田沼にある「ワイガヤ」さんのテイクアウト!

このボリューム。豚肉ぶ厚いぞ――― ボリューム満点1,000円なり!

いろはのデザインから徒歩5分。ワイガヤ通りにあるワイン酒場、ワイガヤさん。普段は洋風居酒屋さんで特にワインの取り扱いも豊富。そしてナポリタンが美味しいお店なんですよ。

実は以前にもテイクアウトメニューを食べたのだが、あまりのボリュームにテンションが上ってしまい、写メするどころか記事にすることすら忘れてしまった。今回はしっかり食べる前に(よだれを垂らしながら…)きっちり撮影痛いました!

甘辛いソースにぶ厚い豚肉がどどどーーーんと。大胆に乗っかった豚肉弁当。思わず若い頃の学生のときに食べた弁当を思い出す。…だがもちろん、味のクオリティは断然上だけどね。

弁当の面積の1/4を占める豚肉がインパクトありすぎ

写真の奥に見える、チラシ。ワイガヤさんではなんとデリバリーも実施している。津田沼、袖ヶ浦、秋津、香澄、谷津、藤崎、鷺沼、奏の杜、鷺沼台。このエリアだとデリバリーOK!雨の日でもお電話一本でおいしいワイガヤの料理が楽しめるのはGOOD!頑張ってほしいお店の一つです!

ちなみに、お弁当についているピクルス。これもうまかったー。よく自宅でもピクルスを作るけど、こうお店のようにならないんだよね…。ピクルス液のレシピ、公開してくれないかな…笑

「#食べよう習志野」習志野市公式サイトはこちらから。
いろはのデザインは「#食べよう習志野」を応援しています!

いろはのデザインtopへ>

たべたよ習志野@タブリエ

「#食べよう習志野」登録店のテイクアウトを実際に食べてみました!食べて応援する企画、その名も「食べたよ習志野」。

今回は京成津田沼が最寄り駅、「タブリエ」さんのオードブルメニュー!

「#食べよう習志野」とは?

大人3人前くらいは十分に。これとワインでお腹いっぱい。オードブル5,000円〜(要予約)

もはやテイクアウトとは言わせない。もうれっきとしたお店の味そのまま。そんなこだわりが詰まったタブリエさんのテイクアウトメニューのオードブルタイプのご紹介。

いろはのデザインのヒトをつなぐコンテンツページ「いろはぷらす」でもご紹介させていただいているタブリエさん。イタリア料理がメインのお店。ボクはこの店主の料理が大好きだ。よくヒトとヒトで「性格が合うね〜」なんて言うでしょ。その料理版。味覚が合うというか、この店主のお料理、ボクの口にすごくフィットしている。

パスタ、肉、魚、魚介、丁寧に作り込まれた美味しさが詰まったオードブル

美味しい。という料理は世の中たくさんあるし、お金を出せばそこそこ美味しいものが食べられる世の中。その先をいく美味しさの表現が見当たらないのだが…、ボクはあえて「味覚が合う」とう表現をさせていただいた。

一品一品、しっかりと味付けがされたお店のメニューがそのままに。迷ったらタブリエ。困ったらタブリエ。これが我が家の合言葉。…レポートになっているかなぁ。笑 まぁいいや。ぜひお試しあれ!

「#食べよう習志野」習志野市公式サイトはこちらから。
いろはのデザインは「#食べよう習志野」を応援しています!

いろはのデザインtopへ>

食べたよ習志野@へちもん

「#食べよう習志野」登録店のテイクアウトを実際に食べてみました!食べて応援する企画、その名も「食べたよ習志野」。

今回は習志野市津田沼にある和風創作居酒屋「へちもん」さんのテイクアウト!

「#食べよう習志野」とは?

食材豊かなテイクアウトメニュー@へちもん 1,500円

京成津田沼駅から徒歩約10分。国道14号線沿いにある和風創作居酒屋「へちもん」。お店はこじんまりとした大きさであるが、愛媛県から旬の食材を仕入れて新鮮な食材を提供しているお店。日本酒も愛媛県の地酒「石鎚」を中心に多彩に取り扱っている。

今回はこちらのテイクアウトメニューを。和食中心だが、できたてのお弁当の中には見るからに美味しそうな食材がずらり。

中でも秀逸はクジラの竜田揚げ。お弁当でクジラはなかなか食べられないよねー。まるで肉のような歯ごたえと旨味は日本酒の肴としても最高の一品。

色とりどりの具材がどれから食べようか迷ってしまうほど

和食のお店ならではのみょうがや味噌田楽なんかもとてもgood。これに別入りで揚げ物も。ご飯をキャンセルすると同料金1,500円だが(ご飯ありも1,500円)おかずが盛り盛りになるとのこと。ご飯はおウチので炊いて、おかずをたっぷりといただくのが良いかもしれない。

魚、お肉、お野菜…バランスの良い具材を彩り豊かにそろえたへちもんのお弁当は、事前の予約が必要。当日夜引き取りならば遅くても昼には予約を入れたほうがよさそうだ(場合によっては予約いっぱい売り切れ御免…もありえますよ)。予約はお早めに。

「#食べよう習志野」習志野市公式サイトはこちらから。
いろはのデザインは「#食べよう習志野」を応援しています!

いろはのデザインtopへ>

デザインのチカラで

コロコロコロナ。まだまだ続くよコロナ旋風…。そんな軽々しいものではないが、世の中コロナ一色といったところだろうか。さまざまな業界で影響を受け、経済も真っ逆さまに落ち込んでいく。今日はこんなに天気がよく晴れ渡っているのに、どこか釈然としない毎日。

そんな先日、地元にあるザ リトルモンスターカフェでテイクアウトの注文をしたときのことだった。「#食べよう習志野」という施策キャンペーンを今、習志野市役所を中心に行っているそうで、市内のデリバリーやテイクアウトが出来る店舗を習志野市役所で紹介する施策を行っているそうだ。

ほぉ〜、そんなことやっているのか。…と、早速帰ってホームページをみたところ…ちょっとわかりにくな…笑

せっかくいい施策なのに…なんとかならんかな??と思いっ立ったが吉日。それであれば作ってあげよう。と、今回半ば強引に「#食べよう習志野」のキービジュアルと告知用(DL用)チラシをいろはのデザインで制作させていただきました。

習志野市役所からDLできます!みんなで活用してください〜
こちらはインスタ用(縦型サイズに適用)DL自由!使ってください〜
こちらもインスタ用(縦型サイズ)DLご自由に!
こちらはインスタ用正方形サイズ DLご自由に!

昨年のドイツフェアのキービジュアル作成で、市役所とはつながっていたので、仕上がったチラシを市役所に送ったところ、とっても喜んでくださり!そのまま採用となりました!

ボクに出来ることはこんなことくらいですが、デザインのチカラで少しでも地域が元気になってくれれば。うれしいですね。

まだまだ続くこのコロナとの闘い。マスクを堂々と外してお店でビールが飲めるその日が来るのを信じてがんばりましょう!

いろはのデザインtopへ>

2020-03-22 | blog, topic & culture

連休とコロナと

築地ウォーク_06
築地の波除神社の桜
築地ウォーク_02
春の連休の築地場外。例年よりも少なめだが、ゼロではない

春うらら。3月の半ばで今日は20度という暖かさ。すでに地元の公園を覗くと桜が満開…どころか葉桜すら終わった木もある。暖冬がこんなところにも影響したこの春。世間ではご存知の通り、コロナウイルスで大騒ぎだ。

きっと今年の流行語大賞は五輪や金メダルではないな。コロナで決まりと確信の中、ふと考える。世の中、メディアがおあってあおって煽りまくっているこの異常事態。コロナが広まって何かいいことないのかな?

テレワークという働き方

クソ真面目の日本人。一昔前は9時から17時の終身雇用勤務が当たり前。時代が進むと残業に追われようやくここ数年、働き方改革なんて言葉も出てくるようになったが。

時差通勤や自宅でのテレワークという、今まで会社に行かなくちゃ仕事にならないと思っていた人たちが、少なからずテレワークという働き方に馴染み始めた年になったのは間違いない。食べず嫌いのように、なーんだ、結構家で仕事してもなんとかなっちゃうじゃん。と思っているサラリーマン、結構いるんじゃないかな。

日本の医療環境の強さ

このクソヤブ医者が!なーんて風邪ひいて病院いけども治らずに、そんなこと思うことも今まであったが。。。この日本の医療環境はやはり世界トップクラスとつくづく感じた。

誰でも等しく医療を受けられる社会保障。少ないと言えども地域に必ずといっていいほど医療施設が点在。衛生面の充実した最新の設備…イタリアは財政難からの医療崩壊、アメリカは保険の概念がないので、検査や診察だけでも莫大な費用がかかる。

衛生と秩序と規律の国

クソ真面目の日本人。皆がこうしよう…と右へ習えをするとそのルールを重んじる傾向があるからこそ、こういう時はそれが役立つ。

ガキの頃から手洗いうがいを口癖のように家庭に浸透している国。だから、みんなが手洗いを遂行すると莫大な力を生む。今年のインフルエンザが通年の6割減という数字がこれを物語る。


ちなみにボクが信じるコロナ対策は…

手洗い◎◎◎◎

換気◎◎◎

アルコール消毒◎◎

マスク△

3食バランスよく食べる◎◎

とにかく睡眠◎◎

毎日納豆とヨーグルトを食べる◎

鼻うがい◎

こんなとこ。みんなで気をつけましょうね。


いろはのデザインtopへ>

2020-03-07 | blog, photo library

暖冬と散歩と谷津干潟

おそらく、ボクが人生で記憶にある、今までで一番暖かいのではないかとうこの冬。暖冬はこんなところにも影響が。

この写真を撮影したのは2020年2月24日。普通ならば…まだまだ寒いのはあたりまえ。だが…

2020年の桜_01
2月24日。早咲きの染井吉野の木はもう満開に近い
2020年の桜_02
こちらは梅かな?見事に咲き始めている
2020年の桜_03
この染井吉野は5分咲き?だが、2月末に撮影したものだ。

今年の東京の桜の開花予想は3月14日〜15日。暖冬はこんなところに影響がでた。本来ならば入学シーズンの4月に満開…これが今ちょっとずつ早まって、昨年も、4月の入学シーズンにサクラはあったかな??少し散り始めていたような。

ガキの頃は実家でこたつがあって、休みの日はずっとこたつの中に…。という記憶があったが、今では我が家にはこたつはない。無論、お家事情などもあるが、なくても一冬越せる、そんな時代。気がつくと、本当に冬が暖かくなったと感じていく。

そんな暖冬の冬の休日、春を見つけに谷津干潟まで撮影散歩。歩くと春がすぐそこまでやってきているなぁと。たまにはこんな散歩もいいね。

いろはのデザインtopへ>

2020-02-25 | blog, food, topic & culture

らーめん食す!その2

パンケ_味噌ラーメン
京成大久保駅より徒歩約5分。王道の味噌ラーメン、パンケ

2週連続。ラーメンの昼。ここんとこらーめん好いている。こちらも京成大久保、地元習志野市にあるパンケというお店だ。

味噌ラーメンにバターを入れたお店イチオシの味噌バターラーメン。ここのラーメンはとにかく王道だ。王道すぎる味噌ラーメン。だから、これと言ったすごーい特徴のあるとんがったラーメンではない。だから、また食べたくなる。味噌の香りとコク、バターとの相性などがとっても絶妙。味噌ラーメンはカラダが温まるよね。寒い季節にはとってもGOOD。

あ、このパンケさん、創業は1981年だとか。なんとなんと、今年で39年。5年ももたないラーメン屋なんて星の数ほどある。そんな中、40年近く営業されているってまさにレジェンド。北海道の麺を直送しているそうな。いやー、京成大久保にいながらにして北海道の味。老舗の風格は味にもしっかり伝わってきた。

いろはのデザインtopへ>

1 2 3 4 5 22