いろはのデザイン|千葉 東京|web・広告パンフレット企画制作

紅玉りんごのジャムをつくる

真っ赤な真っ赤なりんごジャム。

なかなか、ないんですよ。こーいう色のりんごジャムって。

紅玉のリンゴ。そう、皮が真っ赤なりんご。

このりんごは、すごく酸味が強いりんごでも有名なのです。

けど、この酸味が実はジャムには最適。

真っ赤な皮は、りんごを剥いて皮と中身にわけて

皮だけを煮立てる。

ひたすらぐつぐつ。ぐつぐつ。

いいところでグラニュー糖とレモン汁を投入。

すると煮汁が真っ赤になる。

この煮汁をつかって、中身のジャムにも色をつけるのだ。

ちなみにボクがつくるりんごジャムは、リンゴ総重量+グラニュー糖の合計重量の

約30%を基準に砂糖の重量を決める。

 

そんなりんごジャム、なぜか結構巷で好評♪

ジャムを作ると旨いパンが食べたくなるんだよなー

 

[irp posts=”3849″ name=”ピーターパン!なのだ!”]

[irp posts=”3752″ name=”このパン、うまし。”]

いろはのデザインtop>

ものづくりで大切なこと、
それは今も昔も変わらない。
irohano design's policy

いろはのデザインが思う、デザインの“いろは”

special

千葉県習志野市を拠点に構えるいろはのデザインの周りには、素敵なヒトたちがたくさんいます。 そんな地域の仲間とみんなで、この習志野市を盛り上げていこうという活動を行っています。

 

 

@irohano_design