toggle
2018-03-01

紅玉りんごのジャムをつくる

真っ赤な真っ赤なりんごジャム。

なかなか、ないんですよ。こーいう色のりんごジャムって。

紅玉のリンゴ。そう、皮が真っ赤なりんご。

このりんごは、すごく酸味が強いりんごでも有名なのです。

けど、この酸味が実はジャムには最適。

真っ赤な皮は、りんごを剥いて皮と中身にわけて

皮だけを煮立てる。

ひたすらぐつぐつ。ぐつぐつ。

いいところでグラニュー糖とレモン汁を投入。

すると煮汁が真っ赤になる。

この煮汁をつかって、中身のジャムにも色をつけるのだ。

ちなみにボクがつくるりんごジャムは、リンゴ総重量+グラニュー糖の合計重量の

約30%を基準に砂糖の重量を決める。

 

そんなりんごジャム、なぜか結構巷で好評♪

ジャムを作ると旨いパンが食べたくなるんだよなー

 

more >  ピーターパン!なのだ!
more >  このパン、うまし。

いろはのデザインtop>

関連記事